Better Environment

外壁塗装を依頼しよう|ボロボロの壁が見違える

外壁塗り替えの色を選ぶ時

塗装の色を選ぶ時の注意

工事

マイホーム外壁塗装をするときは、塗装の色選びも重要なポイントになります。
マイホームですから好きな色を選ぶのも良いでしょう。
しかし、外壁塗装の色でマイホームの印象が変わることを考えて慎重に選びます。
外壁塗装で避けたい色は、白、黒、赤、紺などの原色の濃い色です。
白は汚れが目立ちやすいので外壁の塗装には向いていない色です。
黒は汚れが目立ちにくそうなイメージがありますが、傷がついたりヒビがはいったりすると白く浮いてしまい目立ちます。
赤、紺のはっきりした濃い色は、塗料の経年劣化で色が薄くなりぼやけた印象になりがちです。
これらの色は、定期的にきちんとメンテナンスすればきれいな状態を維持することができます。
こういったことも考えて塗装の色を決めましょう。
を考えて塗り替えをしようと考えるときは、仙台の自宅周辺の景観とマッチする色を選ぶことが大切です。
個性を出したいからと奇抜すぎる外観にしてしまうと周辺の住宅から浮いてしまう可能性があります。
周辺の景観とマッチする色を選ぶようにしましょう。
外壁塗装をツートンカラーにするときは、同色系の色を選ぶと違和感がありません。
逆に、赤と黒、赤と紺など濃い色を選ぶと見る人に不自然な印象を与えるので注意が必要です。
仙台の業者では、カラーサンプルの見本帳で色の組み合わせをアドバイスしています。
また、パソコンで建物をカラーシミュレーションして、塗装後の状態を具体化してくれる仙台の業者もいます。
外壁塗装の色は、仙台の業者のアドバイスも参考にして選ぶようにしたいものです。

補修した上で塗料を

一軒家

東北地方の都市で最も規模の大きな仙台では、外壁塗装に高い需要があります。
多くの人が、仙台での暮らしをより一層快適なものとするために、業者に積極的に施工を依頼しているのです。
というのも、外壁塗装では水気を弾く性質のある塗料が外壁に隙間なく塗布されるため、水気が屋内に入りにくくなるからです。
仙台は東北地方では気温がやや高く、寒い日にはある程度雪が降り積もりますが、それが比較的短時間で解けます。
そのため仙台の住宅は雪解け水の悪影響を受けやすく、その対策として外壁塗装が行われているわけです。
ただし塗布の前には、外壁をしっかりと補修しておくことが必要となっています。
外壁には地震や強風などで亀裂が入ることがあるのですが、それを完全に埋めておかなければ、塗料を美しく塗ることができないのです。
亀裂の上から塗ると、いったん亀裂は塞がりますが、環境によってはすぐに開いてしまう可能性があります。
するとそこから塗料がどんどん剥がれていきますし、当然雪解け水も入り込んでいくので、最初にシリコンなどを詰めておくことが肝心なのです。
この補修工事も、外壁塗装の業者に任せることができます。
費用は、足場や養生などの準備費用も含めて、30万円ほどが相場です。
そして塗料の代金と塗装の料金がそれぞれ約20万円なので、トータルで約70万円の費用がかかる計算となります。
しかし雪解け水から守られるようになれば、その分住宅が長持ちしやすくなるので、外壁塗装はむしろ節約になると言えます。

人気のある室外工事です

塗装作業

家を大切にしようとする動きがあり、末永く住むためのリフォームも盛んに行われています。
中でも人気があるのが室外工事で、特に外壁塗装には多くの人が利用しています。
仙台市も同様の傾向で、仙台市内には外壁塗装を専門とする業者が数多く展開しています。
外壁塗装のメリットと言うと外壁を塗装して見た目を良くするといったイメージがありますが、実はメリットはそれだけではありません。
最近の塗料の性質は向上してきており、防水や遮熱・断熱といった優れた機能を備えたものが多く登場してきています。
こうしたメリットから外壁塗装は今や単に見た目の向上といった役割だけでなく、家を守るといった重要な役割も果たしていると言えます。
外壁塗装の工法には主に吹き付け工法とローラー工法の2種類があります。
前者は塗料をスプレーで吹き付けるもので様々な模様を入れることが出来るといった特徴があります。
後者は塗料をローラーで塗るもので塗料が飛散しにくいといった点が特徴です。
作業手順は外壁を洗浄・補修した上で、3回程度塗装を実施していくのが一般的なやり方です。
費用は延べ床面積100平方メートルの標準的な2階建て一戸建ての外壁を全面塗装する場合で約50万円程度が相場です。
工期は同じく標準的な一戸建ての場合で概ね2週間程度です。
仙台市にある専門業者はどこも安価で上質なサービスを提供しており、信頼のある業者ばかりです。
このため仙台市の専門業者には大変な人気があります。