Better Environment

外壁塗装を依頼しよう|ボロボロの壁が見違える

理想の自宅のリニューアル

プランの検討と発注の基礎

ペンキ

ショールームのある外壁塗装業者を選んでじっくりと相談するのが、仙台市内で理想の住まいのリニューアルを実現するコツです。
その場合には塗料の色にこだわるのがポイントであり、パソコンを使ったカラーシミュレーションサービスがとりわけ便利です。
色別の仕上がり具合をパソコン画面で確かめると、施主のニーズに合った外壁塗装のプランも、すぐに見つかるでしょう。
しかし建物のイメージに加えて機能にもこだわって塗料を選ぶのが、仙台市内で自宅の外壁塗装工事を実施する場合の基本です。
遮熱性の高い製品や建物の耐久性を高める製品もあるので、塗料の種類を選ぶ場合には、業者のアドバイスが不可欠です。
数多くの工事を仙台市内で手掛けてきた業者であれば、これまでの経験に基づいて、おすすめのプランを提案してくれるので安心です。
特に人気が高まっているのは、国内大手メーカーの断熱性の高い塗料を活用したプランであり、光熱費を節約したい人に最適です。
また塗料の色を選ぶだけではなくて、施主の希望する予算の範囲内で、最適な外壁塗装のプランを見つけることも重要です。
標準的な木造住宅向けのプランは80万円前後ですが、建物の老朽化が進行している場合には、補修工事の費用も別途必要です。
更に工事を行う前に建物全体を点検したり、屋根や外壁を丁寧に水で洗浄するのが、仙台の業者が特に力を入れている下準備です。
作業を始める前に近隣の人たちに挨拶をすると、工事についての理解も十分に得られるので、外壁塗装もスムーズに進むでしょう。

塗料の耐用年数を確認

作業員

住宅の外壁には、通常は撥水性のある塗料が塗ってあります。
これにより屋内への雨水の侵入が防がれやすくなりますし、さらに塗膜の鮮やかな色合いから住宅が美しく見えるようになるのです。
ところが塗膜は、年月が経過していくにつれて劣化しますし、それに伴って効果も薄れていきます。
特に仙台では、塗膜が他の地域と比較すると劣化しやすいと言えます。
なぜなら仙台では、北西からは冷気を帯びた強風が吹いてきますし、南東の太平洋側からは暖かな風が吹いてくるからです。
つまり仙台の住宅の外壁は、常日頃から冷気と熱気の両方の影響を受けているわけです。
その分塗膜が長持ちしにくいため、業者に定期的に外壁塗装を依頼することが必要とされています。
ただし、耐用年数の長い塗料を取り扱っている業者を選ぶことが大事です。
業者の中には、仕入れ費用のかかりにくいアクリル系やウレタン系の塗料を使った外壁塗装を行っているところもあります。
施工費用が安いことから人気があるのですが、その分耐用年数が5年前後と短く、こまめな塗り替えが必要となります。
特に仙台ではそのペースが短くなりがちなので、ワンランク上の塗料を塗ってもらうことが大事です。
具体的にはシリコン系やフッ素系の塗料ですが、これらは耐用年数が10年前後と長めなのです。
さらに、外壁塗装では一般的に塗料が2回重ねて塗られるのですが、中には3回塗るという業者もいます。
これにより塗膜の厚みが増えれば、その分耐用年数が長くなります。
15年以上長持ちさせることも可能となるので、仙台ではそういった業者の外壁塗装が特によく選ばれています。

防水加工もしよう

家

どんな建物でも年月が経つと劣化してきてしまいますので、定期的に外壁などをチェックしましょう。
そうすると、塗料が剥げてきたり、ひび割れが起きていたりといったことに気付きます。
これらに気づいた時が外壁塗装をするタイミングです。
すぐにでも専門業者に依頼しましょう。
仙台で行うのなら、仙台の外壁塗装業者に頼みます。
自宅近くの業者に頼んだ方が地域密着型で、何かと便利だからです。
仙台で評判のいい業者をインターネットで探してみましょう。
特に外壁塗装の実績があり、口コミでも人気のところがお勧めです。
また、外壁の状態を確認する機会がなかったり、見てもよく分からなかったりすることもあります。
そんな時には年月で外壁塗装のタイミングを図りましょう。
一般的には築年数何年というようなタイミングで外壁塗装を行います。
新築の場合、長く見ても10年経っていればいくらなんでも劣化してきているはずです。
10年経ったら見た目も考えて外壁塗装をしましょう。
それから、色を変えたいという理由で外壁塗装を依頼することもあります。
これまでは暗い色の壁だったものが明るい色に変更すれば、見違えるように建物も変わるはずです。
その点も考えてタイミングを図りましょう。
そして、防水加工も検討することをお勧めします。
外壁の色落ちはなくても、風雨で雨水が染み込んできてしまうことがあります。
これもまた仙台の専門業者に頼んだ方が無難です。
外壁塗装の後、防水加工もしておきましょう。
こうすることで頑丈になります。